レース展望

一般

マクール杯

11/
18
19
20
21
22
23

皇帝服部幸男に迫る地元3本の矢!

SGV4、G1V21の圧倒的な履歴が燦然と光る服部幸男。2021前期勝率は出走回数不足のため長年キープしてきたA1から降格するが、若くし頂点を極めた天才プレイヤー。キャッチフレーズでもあるベストを尽くして捲土重来を誓う。中野次郎はG1V5の実績。2019年8月一般戦で優勝している当地との相性も良く自慢の快速アクションで沸かせるだろう。
今節の地元3本の矢は山本隆幸、長岡良也、馬袋義則。近況のセンプルバトルはやや仕上がりにムラはあるが互角の仕上がりなら好勝負。いずれもVターゲットに炎のランナーと化して気迫満点の熱い走りを見せてくれるに違いない。
タレントぞろいのベテラン勢だが、SGV2、G1V8の熊谷直樹、G1V10の新美恵一に底力。ともに剛柔自在ハンドルを駆使して攻守を極める。
杉山裕也、南佑典のリズムがいい。両者シリーズ上位レベルの果敢アクションも備わっていて優勝戦線へ台頭してくるはず。
山谷央、作間章、坂元浩仁に俊敏プレー。3者ともシャープに運ぶ自在ハンドルを持っていてバッチリ存在感を示す。

主な出場予定選手

  • 3422
    服部幸男(静岡)
  • 4075
    中野次郎(東京)
  • 4025
    山本隆幸(兵庫)
  • 4356
    長岡良也(兵庫)
PICK UP!

初A2をゲットして意気上がる畑田汰一!

5042
畑田汰一(埼玉)

総勢26名の122期生として2018年5月戸田でプロデビュー。シリーズ最終日の7走目で早くも水神祭を飾って前途洋々のスタートを切った畑田汰一。デビュー期こそ2.78に終わったが、その後3.69→4.63→4.79と右肩上がりに勝率も上げて2021前期は5月戸田で4・3・2・6・1・1・2の航跡で初優出4着。続く江戸川では1・2・5・1・3・1・4・1の好成績で2回目の優出を決め優勝戦は2コースまくりを決め5000番台のレーサーとして初優勝。そして8月戸田で6・1・2・5・2・2で3回目の優出で3着と今年戸田のフレッシュルーキーに選出された逸材らしくド派手な活躍。結果2021後期勝率は5.54。デビュー2年半で早くもA2へ昇格する出世コースを歩んでいる。尼崎は2回目だが、師匠中田竜太や桐生順平バリのキレキレのコーナーは浅いキャリアをまったく感じさせない迫力も秘めていて彗星の如く現れた大物に熱視線。

全国過去3節成績

開催期間競走タイトルボートレース場節間成績
2020/11/06~2020/11/09本命バトル祭・ニッカン・コム杯戸 田12414 [1]
2020/10/15~2020/10/19埼玉新聞社杯戸 田4 622 651
2020/10/01~2020/10/06第4回auじぶん銀行賞多摩川1 266 114512

※2020/11/17 現在のデータ