優勝戦レポート

一般

名物尼崎あんかけチャンポン杯

11/
7
8
9
10
11
12
3996秋山直之(群馬)

12R  優勝戦

秋山、福来、伊藤、小林、廣瀬、関とズラッとセンプル巧者が名を連ねた優勝戦。進入はS展示どおり枠なり3対3。鏡のような絶好の水面コンディションでSは切られた。全艇ゼロ台に突っ込む壮絶なスリット合戦になりスタート判定中の表示。1M秋山の逃げに対して伊藤は全速に出たが流れ気味。福来、小林は差したがスーパーターンを決めた秋山には届かずバックは124365。と同時にスタートOKの青ランプ。2M秋山が先マイから一気に突き放す。福来、小林と続いて旋回。3位逆転を狙った伊藤は関と競る形になり万事休す。そのまま秋山→福来→小林の態勢でゴールした。今年13度目の優出で優勝した秋山は今年V7。尼崎は昨年12月しらなみ賞に続くV2。通算68優勝とした。

競走成績

選手名 タイム
1秋山  直之1'47"2
.03
逃 げ
2福来   剛1'48"3
.02
4小林   泰1'49"8
.00
6関   浩哉1'51"5
.01
5廣瀬  真也1'52"5
.01
3伊藤  誠二1'54"3
.09
天候 風向 風速 波高 気温 水温
晴れ
(右横風)
1m 0cm 18.4℃ 13.7℃

払い戻し

2連勝単式 - 230円
2連勝複式 = 180円
3連勝単式 -- 670円
3連勝複式 == 430円
拡大2連勝
複式
= 160円
= 270円
= 510円
単勝式 150円
複勝式 100円
170円
返還
備考